ニキビはなぜできるの?

ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズムは大きく分けると3パターンあります。 まず第1段階は、白ニキビです。

白ニキビは、皮膚の下にプチっと白く見え、小さくプツプツと広範囲にできるのが特徴です。

毛穴がふさがっていて皮脂が出られらない状態になっており、にきびの初期段階になります。別名、閉鎖面ぽうとも呼ばれます。

白ニキビは、毛穴がふさがってしまうことが原因で発生します。

普通は、洗顔や汗をかくことによって毛穴の汚れが取り除かれますが、しっかりメイクを落とさなかったり、日々のスキンケアを怠ったりしてしまうと、毛穴に汚れや古い角質が詰まり、やがて塞がります。

白ニキビを放っておくと第2段階である黒ニキビが発生します。 黒ニキビができると、お肌が黒く見えたり、くすんでみえます。

鼻の周りに出来ることが多く、酸化が進むとさらに黒くなることもあります。

これは、毛穴の入口に皮脂が顔をだし、空気に触れて酸化したために起こります。皮脂はもともと油なので空気に触れると酸化する性質があります。

この皮脂は次第に、赤く腫れて炎症を起こすのが第3段階、赤ニキビです。赤ニキビは丘疹(きゅうしん)・膿疱(のうほう)ともいい、ニキビが熱を帯び、膿があるためニキビの中心が白く見えます。

赤ニキビは毛穴に詰まって酸化した皮脂に、アクネ菌などの細菌が繁殖し、皮膚が赤く炎症している状態です。この状態でつぶすとニキビ跡になる可能性が高くなります。

赤ニキビが悪化すると、固いしこりのような状態に変化します。 触れると痛みがあり、ここまでくると治療にもかなりの時間がかかってしまいます。

また、最終的にクレーターの凸凹になったり、赤くニキビの跡が残ったりして、皮膚の奥深くの組織まで壊れてしまいます。

赤ニキビになるまで放っておかないように、早め早めのケアを心がけましょう。ニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡として残ってしまい、程度がひどいとニキビ跡を消すことが難しくなります。

ニキビの口コミサイトなどをつかって、自分にあったニキビ化粧水を探すとよいでしょう。

↑ PAGE TOP