ニキビはなぜできるの?

ニキビを予防するには

ニキビは一度できてしまうと跡を残さず完治するには かなりの根気が必要です。 たった1つのニキビが顔にあるだけで憂鬱になったり、 気になってつぶしてしまうこともありますね。

また、1つ治ってもまた次のニキビができてしまうことも多く、 完治までには時間がかかることも少なくありません。 そのため、最も大切なのはこのニキビができないように 普段から予防を心がけることなのです。

予防のためにはまず、自分のニキビの原因をしっかりと確認することが大切です。 思春期ニキビなら、なんといっても皮膚を清潔に保つことがポイントであり、 毛穴が詰まりにくくすることです。

過剰に分泌した皮脂をきちんと取り除くだけでも効果的な予防ができるはずです。

ただし、ゴシゴシと力任せの洗顔はNGです。 洗顔料をたっぷり泡立てて、やさしく丁寧に洗い、 洗顔料が残らないようにしっかりとすすぎます。 肌に負担にならない程度にこまめな洗顔がおすすめです。

一方、大人ニキビの場合は原因がさまざまですので 予防はしにくいといわれています。 まずは、生活習慣や食生活を見直すことから始めるのがいいでしょう。

野菜をたっぷりと摂取し、高たんぱくの食事を避け、 規則正しい生活を心がけましょう。 特にストレスは精神的なものではありますが、 ニキビの原因になりやすいので注意が必要です。

ストレスが溜まったなと思ったら、自分なりの解消法で すっきりさせることがニキビの予防につながります。 入浴に時間をかけたり、好きな音楽を聴いて 気分をゆったりさせるのも効果的です。

特に入浴は毛穴をじっくりと開かせてくれますので 半身浴などでたくさん汗をかくのもおすすめです。

また、女性は、お肌にメイク汚れが残っているとニキビの原因になりますので、 刺激の少ないニキビ用のクレンジングできちんとメイク汚れを落とすことが大切です。

↑ PAGE TOP