背中ニキビの対策は?

背中のにきびにはクレンジング剤

夏の季節や、ちょっとしたパーティなどで華々しく着飾っても、せっかく露出した背中からにきびが覗いていたりするとガッカリしてしまいますよね。

女性の中には、背中にできてしまったにきびに悩む方も多いそうです。

にきびといえば顔などに多くできる印象がありますが、どうして背中なんかにできてしまうのでしょう? 今回は、そんな背中にきびのメカニズムと対処法を一緒に見ていきましょう。

にきびは皮脂の多いところに得にできやすいものですが、実は背中も皮脂量が多いのです。また、入浴などでシャンプーやリンス、ボディソープが上手く流れきれず、背中に付着していることもあるために、にきびができやすい環境になってしまいます。

にきびは、そういった汚れが毛穴をつまらせてできてしまうもの。ですから、入浴の際はきちんと皮脂を洗い落とし、洗剤もよく流すように心掛けましょう。

また、肌が弱かったり、乾燥しがちだったりしてもにきびはできやすくなってしまいます。刺激の強い入浴剤などは避けて、お風呂上がりはお肌を乾燥させないようにきちんとニキビ化粧水を使ってスキンケアしてあげましょう。

それでは、すでにできてしまった背中にきびには、どう対処したらよいのでしょうか? まずは、先述のように、背中の毛穴をキレイしてあげることが重要です。

毛穴のつまりを解消するには、化粧を落とすときに用いるクレンジング液なども効果的。使用したあとはきちんとボディソープで洗い流しましょう。ボディソープを使用したあとも、綺麗にお湯で洗いましょう。洗剤の洗い逃しがあると、毛穴のつまりの原因となり、にきびができてしまいます。

もうひとつ気をつけておきたい点として、背中に触れる着衣を通気性のよいものにかえるとよいでしょう。汗で蒸れたりしたら、こまめに汗をすべてふき取ったり、つねに背中を清潔にしておくと、肌ストレスも減り、にきび発生の防止に繋がります。

↑ PAGE TOP