大人ニキビ、なんとかしたい!

大人にきびの改善策とは

にきびは思春期にできるもの、青春の証、なんて思われるかもしれませんが、 20代に入ってからにきびができて悩む人も多いんです。 大人になったからできるものを思春期にきびと区別して、「大人にきび」と言われています。

10代の頃は成長ホルモンの影響で、男性ホルモンが活発化します。男性ホルモンは、皮脂分泌を盛んにする作用がありますのでニキビが発症しやすくなります。 また、若いと新陳代謝も活発に働くので、比較的治りも早いという特徴があります。

大人にきびと思春期にきびのちがいのひとつに、治りのスピードがあります。

大人にきびは、思春期にきびの一時的なものとはちがい、一度できてしまったらなかなか治りません。 年齢が重ねれば重ねるほど、代謝が衰えてくるので悪いものが溜まりやすくなる一方です。

代謝の衰えからくる肌トラブルはにきびだけではありません。 肌のターンオーバーが正常にされないために、シミやにきび跡となって、 私たちの肌に残ってしまう恐れがあるのです。

大人にきびにも、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していると思いますが、 思春期にはなかった仕事でのストレスや、忙しさによる生活習慣の乱れが関係しているとも言われています。

一人暮らしの方に多く見られるコンビニ弁当などの偏った食事や睡眠不足といった大人特有の悩みが出てくる社会人にとって、大人にきびは切っても切れない繋がりがあるのです。

なので、思春期にきびと同様なケアだけでは大人ニキビは改善されません。

洗顔は基本中の基本ですが、大人にきびにはストレスをできるだけ溜めないようにするといった精神面からのアプローチが何より大切になります。

とはいっても、ストレス社会の現代において、ストレスをゼロにするなんて絶対に無理なことです。

お休みの日は友達との楽しいおしゃべりや、カラオケ、スポーツしたりと自分なりのストレス発散方法を見つけることがいでしょう。 少しでもストレスが無くなれば次第ににきびは改善してくるはずです。

また、栄養のバランスが整った食事や十分な睡眠もお肌にとって必要なことなので、日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。

↑ PAGE TOP